AGAの原因と種類について

最近多くなってきた男性脱毛症。 これは俗に若禿げと言いますが、特に20代から30代に発症をして徐々に進行していくという場合が多くなっています。 額の部分が広がって薄くなっていく状態のことをM型薄毛といいます。 逆に頭頂部が全くなくなってしまうことをO型薄毛と呼んでいます。 この2つが同時に進行していくことを複合型薄毛と言います。

 

M型薄毛の場合は発毛サイクルの乱れによって起こるといわれています。 O型薄毛は、頭皮全体に栄養が行き渡らなくなってしまうことで行ってしまいます。

 

原因はそれぞれ違っていますが、この他にもストレスや生活習慣の乱れなどもかかわってくるので、原因としては非常に幅広くなっているのが現状です。 改善をする為には自分の中で思いつく部分を解消していくことが必要になってきます。

 

医療機関に相談をすることによって薬を使って改善をしていく方法もあります。 自分で原因がわからない、思い当たることが全くないという人は医療機関に受診をして原因究明をしてみるとAGAの症状を少しは軽減することができるかもしれません。

 

自分でAGAだと気が付かない人もいます。 こういった人の場合は発見が遅くなってしまうので、前よりも髪の毛の抜ける本数が多くなったと感じたときには少し注意をしてみるといいでしょう。